密かなブーム到来!海外で人気を集めるグリーンコーヒーダイエットに注目!

簡単にできるダイエットがないか検索していると、本当にたくさんの方法がありますよね。その中でちょっと変わった斬新なダイエット法に興味を抱く人も多いのではないでしょうか?今回は、今密かにブームになっているグリーンコーヒーを使ったダイエットについて紹介します。グリーンコーヒーとは何なのか、どのようにダイエットをすると効果が期待できるのかなど解説します。

グリーンコーヒーとは?

「グリーンコーヒー」あまり聞きなれないのでピンとくる方も少ないのではないでしょうか?これは、焙煎する前のコーヒー豆のことを指していて、まだ緑色をしています。グリーンコーヒーは焙煎されている茶色いコーヒー豆と同じような方法で飲むことができます。このグリーンコーヒーは焙煎していないため、クロロゲン酸というポリフェノールの一種がたくさん含まれています。クロロゲン酸は熱に弱い性質を持っているので、焙煎されたコーヒー豆にはかなり少なくなってしまいます。

また、焙煎前のグリーンコーヒーはカフェインが少ないため、普通のコーヒーのように飲みすぎや飲むタイミングを考えないといけないということがありません。そのような心配をすることなく、利用できるコーヒーなのです。見た目はコーヒー豆というよりは別の豆に見えてしまうグリーンコーヒーですが、普通のコーヒー豆には少ない優秀な成分が含まれており、それが美容面において効果を発揮してくれると話題になっています。

グリーンコーヒーを使ったダイエットから得られる効果について

グリーンコーヒーは、上手に利用すると嬉しいダイエット効果も期待できるといいます。一体グリーンコーヒーに含まれる何が、ダイエットに有効なのでしょうか?
グリーンコーヒーの特徴でもあるクロロゲン酸が豊富という点が、ダイエットと深く関係しています。クロロゲン酸といえば脂肪燃焼効果がある成分です。そのため、グリーンコーヒーとダイエットはセットで使われることも多いです。実際にインドで実施された臨床試験においては、肥満気味の成人女性と成人男性にグリーンコーヒーを続けて摂取してもらったところ、体脂肪とBMI値が大きく下がったという結果が出ています。体脂肪もBMI値も10%以上低下しているので、ここからグリーンコーヒーには驚異的な脂肪燃焼効果があることがわかりました。

脂肪の燃焼に欠かせないミトコンドリアはタンパク質によって成り立っているのですが、このタンパク質の働きを活性化させてくれるのがクロロゲン酸なのです。よって、グリーンコーヒーはダイエットが効率よくできる飲み物として注目されているのです。

グリーンコーヒーダイエットの方法

グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸が驚異のダイエット効果をもたらしてくれるということで、スリムな体を手に入れたい人に注目されていますが、実際にどのように使ってダイエットを実践すればよいのでしょうか?ここではグリーンコーヒーを使ったダイエット法を紹介します。
グリーンコーヒーダイエットと呼ばれている方法は、いたってシンプルです。

食事の30分前に普通のコーヒーと同じように入れたグリーンコーヒーを飲む。

食前に飲むと糖の吸収を抑えられるので、余分な脂肪がつきにくくなります。普通のコーヒーと同じように飲む方法が簡単で続けやすいですが、グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸は熱に弱いので、クロロゲン酸の効果をしっかり感じたいのなら、グリーンコーヒーをそのまま摂取することをオススメします。
そのまま食べるのには抵抗がある、美味しいの?と心配な方はグリーンコーヒーのサプリメントを利用してみましょう。今ではグリーンコーヒーのサプリメントも登場しており、パウダータイプになっているのでスムージーなどに混ぜて飲むことができます。利用しやすく加工されているので、ダイエット効果を少しでも早く実感したい時にはおすすめです。

海外ではすでにグリーンコーヒーを使ったダイエットがブームになっています。日本でも徐々に知られつつあるので、グリーンコーヒーの特徴を知って正しく利用したいですね。

まとめ

グリーンコーヒーは焙煎する前のコーヒー豆となり、普段目にする機会は少ないでしょう。しかし、グリーンコーヒーには脂肪を燃やしてくれるクロロゲン酸が豊富で、ダイエットにはぴったりな食品です。そのままコーヒーとして飲む以外に、サプリメントもあるので継続して摂取するのにおすすめです。

海外ではすでにブームになっているグリーンコーヒーダイエット、美味しく、楽しく、ぜひ日本でもさっそくその効果を実感してみてはいかがでしょうか?

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る